» 本場大島紬ができるまで

本場大島紬ができるまで

トップページ > 本場大島紬ができるまで

大島紬ができるまで

大島紬の作業工程は全部で60以上になります。
それらを大きく分けると、

図案→整経(せいけい)→絣締(かすりじめ)→染色→加工→織り

大島紬の特徴は糸を染めてから織る先染めです。では、1つずつ紹介していきます。

図案

絣(経糸と緯糸が重なってできる点)を点描のようにしてあらわします。

原図の構成、骨法(途切れない柄のレイアウト法)、原図からの構図取り、絣詰め、色の構成…
大島紬のスタートラインであり、骨組みとなる大切な工程です。

特に、大島紬は完成までに6ヶ月、長くてそれ以上かかるので 出来上がった時に好まれる色や柄を予測しなければなりません。

また最近ではデジタル化して、パソコンでの作業が主です。 それ以前は手描きで、方眼紙に黙々と点を打っていたそうです。

精確な分、1点でも間違えると目立ってしまいます。 ここでは考案した柄を整経のためにデジタル化、出来上がりの反物のイメージを構成していきます。

図案

整経

出来たばかりの絹糸は長さがバラバラなので、ハエバタで、図案にあった織り上がりの密度(マルキ数)や風合いを考えながら糸の種類、太さ、量などを決めます。整経した糸はのりばりといって、次の工程の絣締めをする準備をします。糊張り16〜20本の糸を束ねています。
一本一本が一反分の長さで、それぞれ柄の一部になります。

整経

動画

絣締め

図案を基に糊張りした糸の柄部分を織り込みます。
締めたところは染まらず、締めなかったところは染まり柄の素になります。
大島紬はメインの柄を繰り返しレイアウトしているので、一反分の糸をジグザグにおり、同じ柄のパターンを作っていきます。

絣締め

動画

染色

締めた糸や地糸(絵で言う背景の色)を染めます。

窪田織物の代表的な染め方は泥染めです。
泥染めとはテーチ木(車輪梅シャリンバイ)のタンニン酸と泥の鉄分を結合させ、化学反応を起こすことで独特の渋い色を出す染め方です。

テーチ木の染料で20回以上染め、泥染をし乾燥
この工程を3~4回繰り返します。

染色の種類についてはこちら!

染色

動画

加工

織りに入る前の糸の加工のことをいいます。

  • ・色差し…染料の刷り込み
  • ・目破り…色差しした後、締めた糸を解いていく
  • ・絣全解…色を差した後、締めた糸を取り除く
  • ・板巻…織り機1機分に分けた糸を、絣を揃えながら板に巻き込む

大島紬を作る工程で一番多いのがこの加工です。上記以外にもたくさんあり、その分人の手や思いがかけられています。

加工

動画

織り

職人さんが丹精込めて作った糸を、図案通りに織っていきます。
絣締めで出来た一点が集まり、柄にを作ります。
個人個人で織りやすい織りにくいマルキ数や柄があり、織り工さんにあった糸をお渡しします。

織り終わったら厳しい検査があります。
これに通って初めて本場大島紬の証、旗が描かれた証紙が貼られるのです。

織り

動画

完成

検査に通った反物は問屋さんに渡り、着物になっていきます。
窪田織物は他にも、その着物にあった帯や小物も販売しております。

大島紬の着物を着たい、もっと知りたいと思った方はお気軽にお問い合わせください!
素敵な大島紬と出会えるお手伝いをいたします。

完成

ごあいさつ

皆様方には、いつも御愛好賜わりまして心から厚くお礼申し上げます。当社は、永い歴史の中から現代のニューファッションコーディネータを 目指し、日本文化にマッチした「きもの」、本場大島紬を先人達の匠と伝承されてきた情熱により、手造りの優美を追求しつづけております。

 » 本場大島紬ができるまで 会社名 : 窪田織物株式会社
創業 : 1978年(昭和53年)
本社 : 鹿児島県鹿児島市東開町13-12
電話番号 : 099−208−5855
FAX : 099-208-5858

 » 本場大島紬ができるまで


トップへ戻る