» 窪田織物のこだわり

窪田織物のこだわり

トップページ > 窪田織物のこだわり

窪田織物の大島紬

窪田織物は、大島紬の製造から販売まで行っております。
中でも他の紬製品とは一味違う窪田をご紹介。

窪田織物の特徴

窪田織物は製作から販売まで、一貫した大島紬創りを行っております。 社内にデザイン部を設置し、皆様のニーズに応えられる新商品開発を続けます。

窪田織物の大島紬

窪田織物だけの大島紬

特許の取得

窪田織物は、2008年に製造方法の特許を取得しました。

窪田織物が開発したのは、大島紬独特の単位で「24算(よみ)15マルキ」と表現される製品です。「算」は紬のたて糸の密度、「マルキ」は絣の精密さにつながるかすり糸の本数を表します。
1マルキ80本、開発した反物は一般の反物の倍以上になります。

現在の製品は13算や15.5算、5〜9マルキが中心になっています。
一般的に数字が大きいほど糸は細くなり、手間がかかる上、熟練した技術が必要です。一方で製品は羽毛の様に軽く肌触りがよく、より精密な柄の表現が可能になります。

たて糸が多いために難しくなる横糸を入れる技術を確立しました。
横糸を通すためにたて糸を上下に広げる「綜絖」(そうこう)という部分を1組から2組に増やし、織る技術です。

さまざまな糸を特注して試し、各製造工程で試行錯誤を重ねてきました。
名称は価値が計れないほど高級という意味で「無価大島紬」と名付けました。

2年後の2011年には「32算18マルキ」の製品を開発しました。

詳しく知りたい方はこちら!→「18マルキができるまで

多様な染めの種類

バリエーション豊かな染め

大島紬の代表的な染め方、泥染めはもちろん窪田織物の染めの種類はバリエーション豊かです!

草木染め(草木から抽出したエキスでの染色)といっても、その原料は様々です。
多く知られているのが藍染、「タデ食う虫も好きずき」のタデを使ったなじみのある草木染です。

窪田織物はほかにも、世界遺産の屋久杉を用いた落ち着いた色味の屋久杉染め、鹿児島ならではの紫いもを使った品のある紫いも染め、アロマ効果のある月桃(げっとう)を用いたさねん染め、正藍染め(藍染)をちょっとひねって製造した清楚な白正藍。

窪田織物はこれらの染色方法で 商標登録をしております。

詳しく知りたい方はこちらへ!→「染めの種類

バリエーション豊かな染め

大島紬の可能性を拡大

進化する大島紬(革新する大島紬)

キーホルダーや帽子、カバン、財布、洋服、タペストリー
いろんな形で大島紬に触れ合える、興味を持って貰えるきっかけを提供しています。

「親子三代、大島紬」からヒントを得て製作したベビーギフト「おおしまつむぎ」(外部サイト)
ご購入したお客様からも、嬉しいお声をいただいております!

アマミング

カーテンやクッション、使う方が大島紬を好きになって貰えるような堅苦しいイメージからスタイリッシュでファッション性のあるものへのイノベーションです。

それでもまだ敷居が高いと思われる方、もしくはもっと知りたいと興味をもってくださる方は是非、窪田織物にお越しください。
製造過程を見られる工場見学、普段はみられない反物の大島紬など社員全員がかける大島紬への熱意が伝わるはずです。

大島紬の可能性を拡大

織りあがった反物を着姿にすることで、 お客様がイメージしやすくする取り組みをしております。

窪田織物の18マルキ

「世界最小絣」本場大島紬 32算 18マルキ

※「算」(よみ)…全ての糸の数

“無価優粋大島紬”

当時、製作に関わった方の文章です)
計画発表から5年「やるぞ」と心に決めてからスタッフを結成、今日まで長い道のりでした。
まず、失敗しそうな問題点などを想定してピックアップすることから始まり、ありとあらゆる方法を考え、クリアしていきます。
それは図案から織り迄40工程以上あり、気の休まらない日々でした。

第一に我社の特徴として、高い技術を発揮できる多数の職人さん達を生かすため、人選から進めて行きました。
図案に始まり整糸・染色・締・加工・織りのチームを作りました。

図案はどんな柄・色構成で表現するか。また製作過程で失敗のない図案にするなど、みんなで考え約6ヶ月かけて完成させました。
次に、糸が細くなるため強度・やわらかさ・色合いなどを慎重に検討しました。

そして締は糸の細さで力の配分や、間を空けると締の強弱が出過ぎるため席を立てないなど、苦労ばかりでした。

加工に入ると、糸の細さがもう目に入らないくらいに色を塗るのに困難を極め、通常1ヶ月半くらいの作業を4ヶ月もかかってしまいました。

最終段階の織り。もし織ることができなければ今までの苦労が水の泡です。
前準備を念入りに、議論をし尽くし織りに入りました。

アゼが開かない、織りヒ(緯糸のシャトル)が通らない、絣が見えないなど苦労の連続でした。
絣の0.01mmを見つめる目は精神力だけでは通用せず、充血して痛々しい限りでした。
そのために1日にわずか3~4cm程しか織ることができません。

だめでも仕方のない挑戦でしたが、成功を目指してひたすら各職人さんをサポートし続けました。

糸の密度・絣の細さなどから見ても「世界最小絣」の織物。
織りあがりには全員が集まり、その時は喜びよりも先に安堵のため息が出ました。
持ってみるとふわりとした感触で、いい品は軽いと言いますがそれは本当だと実感しました。

そして価値を計ることができぬほどの大島紬という意味を込めて「無価優粋大島紬」と命名しました。
誰でもは作れない、誰でもは織れない技術、完成までに至った職人の本能が宿っています。

ごあいさつ

皆様方には、いつも御愛好賜わりまして心から厚くお礼申し上げます。当社は、永い歴史の中から現代のニューファッションコーディネータを 目指し、日本文化にマッチした「きもの」、本場大島紬を先人達の匠と伝承されてきた情熱により、手造りの優美を追求しつづけております。

 » 窪田織物のこだわり 会社名 : 窪田織物株式会社
創業 : 1978年(昭和53年)
本社 : 鹿児島県鹿児島市東開町13-12
電話番号 : 099−208−5855
FAX : 099-208-5858

 » 窪田織物のこだわり


トップへ戻る